暇人のゆったりカードブログ

基本遊戯王のことについてだらだらと書きます。

タグ:遊戯王

2017年の制限改定のフラゲがでましたね。
今回の変更は中々環境にタッチしてる気はします。

今回の改定はこの通りです。
kaitei

十二獣を殺しに行くKONAMIの心意気が感じられます。

まずNEPTUNEが新しく禁止になりましたね。



 一時期高騰してたのに...てか漫画産のカード潰していいんかい。

特に暴れてた印象はありませんでしたがね。LLの融合体出してこいつがやばい!って叫ばれてKONAMIがこのカードの存在を思い出して、

「これじゃ簡単に特殊召喚できる強い効果持ち出せないじゃん、禁止!」 

ってことなんでしょうかね?

他には十二獣からはドランシアと会局が新禁止に行きましたね。

 
 
まあ打倒?ですかね。
ドランシアがいる限り4×2で獣戦士サーチして立てられますしこれでいいと思います。
会局は...まあ仕方ないね。

続いて新制限、こちらもまあでしょうね、といった感じです。

まずはゴウフウ、リンク召喚にトークンが使えるとのことで恐ろしいモンスターとなっていました。


ゴウフウ1枚からデコードが出せたりするのでそれを見越してでしょうね。
ツィオルキンが本格的にワロルキンと化していく......

これからはゴウフウ素引きしたら引き厨呼ばわりされますね(そもデッキに入るか不安)

禁止から帰ってきた黒き森のウィッチさん。


自分の眼が正しければ効果の発動が場から墓地に行った時のみになり、サーチした奴の効果の発動が出来なくなるです。

サーチ範囲はクリッターの守備力参照です。
効果の発動しか止められていないのでダムドサーチssとかはできます。

これでようやくクリッチ―を真面目に使うことが出来るぜ.........


モルモラットと、怪獣の眠りも無事に死にました。
親の顔より見たこいつらはもういいでしょう。

そして個人的に一番気になる準制限ですが、緩和が多いと思ったら8分の7が緩和でした。

まずは空気男


え、返したの?それはそれでやばくない?
エアーマン返したらHERO暴れちゃうじゃん、と初見は思いましたが今のHEROそこまで怖くないことに気づきました。

どちらかと言えばシャドミ返して欲しかったかな...

終末の騎士は...強いけど、ねぇ?
トワイライトロード・ビーストウォルフとかきたら強そうだけど、今のところはあまり変化はないです。

シラユキはいい感じに殺してくれたという印象です。
無題 白雪

こいつはかなり強い、あと今後のライトロードでも悪用されそうなのでいい感じです。

カグヤあるんだし使えよ、といった感じですね。

ガーディアン、洗脳、ブリューナクは省略。

イグニスターはとても強かったが、Pに逆風なので外しました。って感じですね。
...いずれまた制限に突っ込まれる日がきそう...

テンキは十二獣が死んだ!よし、戻そう。
お早い緩和です。

無制限組はモラルタ、聖なるは順当、ラミアはDDが弱体化したし戻すか、ってことでしょう。

これで改定による変更は以上です。

今回の改定はなかなかいい改定だと個人的には思っています。
あとはテラフォがかかってたら素晴らしかったのに...

この改定でDDワンチャン!と思ったけどマスタールール4なんてものがあるのを秒速で思い出したので、来期は真竜、ノイドですかね。

サイバースがどこまでいけるかというのもかなり気になりますがノイドに圧される気がしますね。

ではざっくり来期。

十二獣が死んだことにより環境は大荒れ!
眠りが眠ったことにより後攻ワンキルデッキにも逆風!
誰か真竜を止められるのか!

次回、リンク召喚、やはり暴れる!





 

遊戯王のフラゲで『緊急救急救命レスキュー』の収録が決まりました。
無題 レスキュー
...早口言葉にありそう。

 効果はこれです。
 《緊急救急救命レスキュー》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①自分のLPが相手より少ない場合に発動できる。デッキから攻撃力300/守備力100の獣族モンスター3体を相手に見せ、相手はその中から1体選ぶ。

そのモンスター1枚を自分の手札に加え、残りをデッキに戻す。

懐かしき汎神の帝王みたく、「ほら、同じカード3枚だ、選べ」ができますね。

攻撃力300/守備力100の獣族モンスター

レスキューシリーズ以外に誰かいたっけ?と思ったので軽く調べてみたのですが、攻撃力300/守備力100の獣族はレスキューシリーズしかいませんでした。

 各種レスキューの効果はこれ
無題 レスキュー

フェレットはいい感じの画像がなかったんです許してくださいなんでもします(なんでもするとは言ってない)

いままではこいつらのサーチ方法は無かった(はず)なのでいい感じに強化入ったと思いますね。

発動条件が相手よりライフが少ないとき。

これが中々厳しいんですよね。
こういった系のカードは先行1ターン目に使いたいのですが相手よりライフが少ない状況というのは先行1ターン目では作りづらいのです。

おっと

なんだってー!

案外どうにかなりましたね。
てか自分でチキンレースしてレスキュー呼ぶって...いいのかそれは。

『緊急救急救命レスキュー』の難点
 
 今までのことを読んで、お、強そう。って少しでも思いませんでしたか?
え、思ってないって?知ら管。

まあこんな強い強い『緊急救急救命レスキュー』にも難点があります。
それは、『3枚を見せ』 なのでデッキに最低数3枚必要になってしまいます。

たとえば兎を3枚入れただけのデッキで兎を素引きしました、するとこのカードは使えません、ってなってしまいます。

悲しくなるだろぉ。
みじめになるだろぉ。

もちろん、対策が無いわけでは無く、レスキューの種類を増やせばいいのです。
兎が必要ならば兎3枚、あとは適当にフェレット突っ込んでおけば大丈夫です、だってリンク召喚使うでしょ?どうせ。

 難点②
 
まだあります。それは『レスキューキャット』のせいです。

なぜか?それはレスキューキャットが制限カードです、なのでデッキに1枚しか入れることが出来ません。
するとどのようなことが起きるでしょうか?

おわかりいただけただろうか、そう、キャットが選ばれないのである。

独房から帰還したカードというだけで皆選ばない、つまりキャットは毎度選ばれない可哀想な子なのだ。

スプライト「今日はキャット、ラビット2体で、おすすめはキャットちゃんです」 

相手「なるほど、チェンジで、ラビットちゃん指名」

キャット「(´・ω・`)」 

まあこれも対応する方法は一応あります。


なわけないよ。ありましぇん。

 後輩のラビットちゃんが選ばれたことによりキャットちゃんは悲しみのあまり実家(デッキ)に戻ってしまうので呼び止められません。

しかし、ラビットに挟まれたキャットちゃんを相手に選ばせる方法が2つあります。

 1つ目は神(KONAMI)に頼みキャットを無制限にしてもらう。

そして2つ目、安定と信頼の糞みたいな雑学タイムですが、注視時間を長くさせ、また、最後に見せるなどによる誘導でも多少は確率が上がるでしょう。

ああ、大丈夫です、言いたいことはわかります。

あなたが言いたいこと、それは私も書いてて思いましたから...

 それ、ラビットで動けるようにした方がよくね?

ラギア!オピョォ!餅!

...他に強い奴いたっけ?

RTされるとレスキューされる


☟を押すとレスキューされる。



デッキを公開するのは久々な気がする...
ということで今回紹介するのは真竜恐竜、今自分が使っているレシピが⇩

PIC_0057


安定性を求めたのでぶっ飛んだ盤面はできません。

では各採用カードの説明
枚数固定カード
枚数調整カード
お好みで切り替え


究極伝導2...3だと多く、1だと素引きしてしまうことがあるので2。強い。
オヴィラプター3...これを入れないと恐竜じゃないって時代。
ミセラサウルス2...3でもいいけど一応2、あると安心できる。
サラマンドラ1...虚無魔人の突破方法、ルール4で増えると予想したため、ロスワ張ればクリスティアもとれる。
プチラノドン2...究極伝導かオヴィを引っ張って来る子、ベビケラの方が個人的に強い。
ベビケラ3...安心安全、邪魔な時腐るが強い時は強いので入れ得。
リトスアジム2...ドラDのサーチ先兼ベビプチ破壊マン、3にするならモンスターを増やしたい。
増G3...安定、今後の環境によっては抜ける。
うらら2...増Gで辛くなるのでうさぎではなくこっち。普通に強い。3でもいいかも。
化石調査3...入れない理由が無かった。
ロスワ2...後攻なら強いが先行だとオヴィラプターがいないと残念なので2。
ドラゴニックD3...これのお陰で安定感上昇、純だと初動が少なかったのにこれはチート。
テラフォ3...説明不要。
強貪2...ドルカでうらら止められるし展開後ならデッキのパーツ飛んでもいいので採用。これ2枚抜きの40枚でもいいかもしれない。
ツイツイ2...折角再録したので。サイクロンでもいいかもしれない。
羽根...サイドでもいいかもしれない。
魔封じ3...魔封じドルカって、強くね?
通告2...通告ラギアって、強くね?
 宣告...通告が足りなかった。まあ宣告ドルカ出来るしノーマンタイ。

では不採用のカードの説明。

アウロ...初手に来ると死ぬ、ルール4で使わないと思い不採用。
こけこっこ...先行ならこっこ+ミセラorオヴィでクリスタル、後攻ならレビスまでいけるがアウロが必須だったので断念。
ディノインフィニティ...サラマンドラとの死闘の結果抜けた。サイドが居場所。
生存境界...置き物と後ろを剝がすのに使えないことをないが落とすことが難しかったので却下。

EXはラギア2枚、ドルカ1枚、グスタフマックス1枚、あとは適当にランク4とさくら用。

ドルカラギアはミラー戦でリトスに抜かれると怖いから計4枚にしたい。

ドルカ売ってないなり。

最後に展開パターンを紹介。
目指す場所としてはこの盤面。
PIC_0058
残念、究極伝導は正規召喚を行わないとできないらしい、すいませんでした。

そしてこの盤面に向かうのに使う初手が⇩
PIC_0059

この5パターンが主に使います。
右上と二段目の左は上とは少し盤面が異なりますがモンスターは同じなのでセーフ。

こいつらをサーチする方法はいくつもあるので意外と揃います。

参考として左上の展開を紹介。

オヴィnsefベビケラサーチ、ドラDefベビケラ破壊でリトスサーチ、ベビケラefベビケラss、オヴィefベビケラ破壊ベビケラss、ベビケラefプチラノドンss、プチラノドンベビケラ破壊リトスssefEX3枚除外、プチラノドンef究極伝導ssベビケラefミセラss、ミセラオヴィでラギア。


では恒例の3行まとめ。
 
ベビケラプチラノ割って

ポコポコ並べて

相手を圧殺

本当にこんな感じ



☟を押すと恐竜強い、めちゃ強い。
 

新弾の情報を見たらライトロードの新規がいるジャマイカ、しかもオルタ化してらっしゃる...
ではさっさとその新規君達の紹介に行きましょう。

無題 オルタロード
 《トワイライトロード・ジェネラル ジェイン》
レベル4/ 闇属性/ 戦士族/ ATK 1800/ DEF 1200
①:1ターンに1度、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、除外したモンスターのレベル×300ダウンする。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

まさかのライトロード闇属性、名前もトワイライトロードとイケメン、多分この子は女の子だろうけど。
効果は墓地のライトロード除外して場のモンスター1体を除外したライトロードのレベル×300攻守下げるよというデバフ効果。
正直言ってしまうと、微妙。
制圧用の虚無魔人とかクリスティアは超えられるんだけど、それだけ。
パンプなら強かったかもしれないのに、残念。

無題 オルタロード
 《戒めの龍(パニッシュメント・ドラグーン)》
特殊召喚モンスター
レベル8/ 闇属性/ ドラゴン族/ ATK 3000/ DEF 2600
このカードは通常召喚できない。除外されている自分の「ライトロード」モンスターが4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。「ライトロード」モンスター以外の、お互いの墓地のカード及び表側表示で除外されているカードを全て持ち主のデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:1ターンに1度、自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。

裁きの龍オルタ。
ss条件はめんどくさそうに見えて面倒くさいぞ。
墓地と除外、もちろんライトロード以外戻せるのは刺さるデッキには刺さりそう、ハーピィ戻したりするのも勿論できる(引けるとは言っていない)
オルタ軍団は他のライトロードの効果起動がないと落とせなさそうなので調整が必要そう...
こいつのss条件、一瞬で満たせるスーパーカードがあります、何かわかりますか?
魂の解放?ノンノンノン、そんなナノセンスなカードは使いません。こいつですよこいつ。
無題 白雪
シラユキ除外ドバーで戒め、相手は死ぬ(死なない)

ではではトワイライトロードになっていろいろ強化されました、何が強化されたの?という人もいると思うので解説します。

①対応のドロソが増えた
これですよこれ、これがやばいんです。
闇属性といえば、ともいえる闇の誘惑というカードに対応したのです、やばい。語彙力もやばい。
ソラエクと誘惑に対応していて、除外されたやつらは戒めの降臨条件を満たすことにも使えます。
あとは知ってる人少ないでしょうがこれ。
 
自分の墓地に闇属性モンスターが7体以上存在する場合に発動する事ができる。自分の墓地に存在する闇属性モンスター5体をゲームから除外する事で、自分のデッキからカードを3枚ドローする。 
 
条件厳しめに見えますがライロの肥やし力ならば狙っていける数ではあります。

②強力カードてんこ盛り
闇属性、光属性といえば一時期は二大属性と言われていた時代があります(何年前のことだか)
開闢、ソーサラー、帝龍の他にダムドなどのヤバつよカードを使いやすくなりました。

新環境でライトロードにワンチャンはあるのか、ということですが、全然あります。
まずEXにあまり触らなくてもいけるというのが新ルール向いてますので、クラブレは消えるでしょう。
 あとは戒めの龍によって裁きの横に高打点が立ちやすくなったのでぶん殴り性能も上がっています。
もしかしたら出張セットになるくらい優秀になるかもしれません。

まだ新規は出来ってないので、あとのライトロードオルタに期待していきたいですね。

拡げ媽祖



☟を押すとライトロードマジ強になる。
 

マスタールール4の内容が大体わかりましたね。
マスタールール4は糞だとか9期のがマシとTLでバンバン流れてきますが本当にそうでしょうか?いやまあ自分も何個かデッキ死んだので辛いのですけど...

まずはPゾーンの位置変更についてです。
今回からPゾーンは魔法罠ゾーンの両端に置くことになりました。
つまりスケールを両方セットした場合、魔法罠は3枚しか場に出せないということになります。 
勿論、Pカードをセットしなければ普通に魔法罠ゾーンとして扱えます。

まあこれについては致し方ないとしか言えませんね、Pは悪い文明と言われてた時もありますし、P使うデッキだと4枚以上セットする場面はあまりなかったので別にあまり変わりはないでしょう。

続きましては新しい召喚法と、それに関するルール変更についてです。

まずはフィールドに新しいゾーンが追加されました。
field firudo
青の点を打ったところがそうです。名前はEXモンスターゾーンです。
その青い点は新しい召喚法のモンスターに限らずEXから出る全てのモンスターが強制でそこに置かれます。
ただ、EX以外、墓地とか除外から出すシンクロや融合などはいつも通りの場所に行きます。

つまりシンクロをするとそいつはEXモンスターゾーンに置かれ、そいつを素材にシンクロするのはセーフだが、ゾーンの奴を使わずにシンクロするのは出来ないぞ、っていうことです。

無題 kozmic
「え、僕は?」

コズミックよ、刷られて1月立たずに死亡確定なんて...いいやつだったよ。

勿論、EXモンスターを幅広く使える方法もあります。
それが新規の召喚法で出せるリンクモンスターです。
無題 リンク
超手抜きの絵です。

こいつらはレベル、守備力を持たず、守備表示になりません。
名前忘れたけどArc-Vの迷言「何⁉レベルを持たな(以下略 が出来るわけです。

召喚条件は赤の四角で囲んである指定された種類のモンスターを指定数墓地に送ることで出せます、勿論こいつらもEXモンスターゾーンに出ます。
ただ右下のLINKと書いてある数字は、こいつをリンクモンスターの素材にする時、右下の数字と同じ枚数として扱えます。

続いてカードについてる矢印について説明します。
この矢印が向いている方向にはEXからモンスターを出せます。
意味解らんと思うのでまた図を乗っけます。
field firudo2
今度は赤の点で示したところがEXモンスターを出せるところです。
勿論ですが、矢印はモンスターによって違い、真横もいれば斜め後ろのみもいます。
今回の例であるこいつは前方も指定しているので敵に塩を送っている状態です。

はい、これで新ルールについては以上です。記入漏れとかあったら言ってください。

続いては、これにより輝くデッキ、お通夜になったデッキを紹介します。

まずは輝くデッキですが、まず前提としてはEXを触らない、EXモンスター1枚だけ立てるデッキの2つです。
例としては、真竜、堕天使、帝、kozmo、メタビ、彼岸、影霊衣です。
十二獣もライカで蘇生したやつとで、地属性2体で出せるリンクモンスターがいるのであまりダメージを負っていないのですが、どうせ4月で死ぬので論外です。

真竜はおそらく次環境でトップになるでしょう、十二獣が抜けたら一切EXには触らなくなるのではなかろうか?
堕天使は使っても1枚、または虚無魔人やクリス立てるので問題なし。
帝は0帝が流行るのかな?
kozmoはまあまあいけます、シミターつよーい。
彼岸はベアトリーチェ1枚と後ろ複数でターンを渡せるので行けるはずです。
影霊衣は儀式は何も受けてないので十分暴れれます、多分。

では深手を負ったデッキは、ドラグ二ティ、DD、RR...ありすぎて困りますね。
ここら辺のテーマには新規で救済処置を掛けるのが丸いと思うんですけどね...

では、今度は新環境になり、高くなるだろうなと思うカード、面白そうなカードを紹介します。

相手のゾーンを止めましょう、こいつは簡易で出して、エクシーズに使い、蘇生して相手のモンスターゾーン止めよう、っていうことです。
矢印の先っぽ止めると強いです。
同等の理由で地盤沈下にも1票。


真竜などのアドバンス召喚をするデッキ、儀式が増え、大型1体のみで相手にターンを渡すので壊獣も増えると考えたからです。
彼岸にメイン3積み予定。


 あ~、反復横跳びぴょんぴょんするんじゃ~。
 リンクモンスター動かすのに使用、まあどうせリンクモンスター用の出るのでやはり青き眼の乙女をぴょんぴょんさせる用のカードの域は出なさそう。


リンクモンスターの数が少ない時期はこいつでリンクモンスター飛ばして動けなくできそうですね。
なかなか強そうだな......


リンクモンスターは攻撃表示限定だからいいんじゃないかな?
ダストはまずリンクモンスターは守備にならないから論外、ミラーは破壊したの蘇生されると面倒ってことでエアーかウェーブがいいと思いますね。

最後に、マスタールール4の個人的感想と今後の影響について

個人的にはマスタールール4には賛成も反対も無いですね、KONAMIの作ったカードで戦うのであれば文句たらしても仕方ないですし、制圧ゲーも多少はマシになるんじゃないんですかね?
嫌ならやめればいいし、そうじゃないなら受け入れる、私に引退を止める力はありません。
まあ既存デッキがいくつか死んだのは軽く殺意ですが...

今後の影響としてはまず新規勢が入りづらくなっちゃいましたね、またルールが複雑化したので。
CSなどの大会でも、マスタールール4とマスタールール3の選択式とかもありそうですね。
あとはEXの枠がいよいよ破裂しそうなくらいですかね?

みなさんはマスタールール4、どう思っていますか?
コメント欄にポンポコ置いて行ってください。

ひろめちょんまそ


☟を押すとマスタールール4は案外楽しい。
 

↑このページのトップヘ