暇人のゆったりカードブログ

基本遊戯王のことについてだらだらと書きます。

タグ:真竜

デッキを公開するのは久々な気がする...
ということで今回紹介するのは真竜恐竜、今自分が使っているレシピが⇩

PIC_0057


安定性を求めたのでぶっ飛んだ盤面はできません。

では各採用カードの説明
枚数固定カード
枚数調整カード
お好みで切り替え


究極伝導2...3だと多く、1だと素引きしてしまうことがあるので2。強い。
オヴィラプター3...これを入れないと恐竜じゃないって時代。
ミセラサウルス2...3でもいいけど一応2、あると安心できる。
サラマンドラ1...虚無魔人の突破方法、ルール4で増えると予想したため、ロスワ張ればクリスティアもとれる。
プチラノドン2...究極伝導かオヴィを引っ張って来る子、ベビケラの方が個人的に強い。
ベビケラ3...安心安全、邪魔な時腐るが強い時は強いので入れ得。
リトスアジム2...ドラDのサーチ先兼ベビプチ破壊マン、3にするならモンスターを増やしたい。
増G3...安定、今後の環境によっては抜ける。
うらら2...増Gで辛くなるのでうさぎではなくこっち。普通に強い。3でもいいかも。
化石調査3...入れない理由が無かった。
ロスワ2...後攻なら強いが先行だとオヴィラプターがいないと残念なので2。
ドラゴニックD3...これのお陰で安定感上昇、純だと初動が少なかったのにこれはチート。
テラフォ3...説明不要。
強貪2...ドルカでうらら止められるし展開後ならデッキのパーツ飛んでもいいので採用。これ2枚抜きの40枚でもいいかもしれない。
ツイツイ2...折角再録したので。サイクロンでもいいかもしれない。
羽根...サイドでもいいかもしれない。
魔封じ3...魔封じドルカって、強くね?
通告2...通告ラギアって、強くね?
 宣告...通告が足りなかった。まあ宣告ドルカ出来るしノーマンタイ。

では不採用のカードの説明。

アウロ...初手に来ると死ぬ、ルール4で使わないと思い不採用。
こけこっこ...先行ならこっこ+ミセラorオヴィでクリスタル、後攻ならレビスまでいけるがアウロが必須だったので断念。
ディノインフィニティ...サラマンドラとの死闘の結果抜けた。サイドが居場所。
生存境界...置き物と後ろを剝がすのに使えないことをないが落とすことが難しかったので却下。

EXはラギア2枚、ドルカ1枚、グスタフマックス1枚、あとは適当にランク4とさくら用。

ドルカラギアはミラー戦でリトスに抜かれると怖いから計4枚にしたい。

ドルカ売ってないなり。

最後に展開パターンを紹介。
目指す場所としてはこの盤面。
PIC_0058
残念、究極伝導は正規召喚を行わないとできないらしい、すいませんでした。

そしてこの盤面に向かうのに使う初手が⇩
PIC_0059

この5パターンが主に使います。
右上と二段目の左は上とは少し盤面が異なりますがモンスターは同じなのでセーフ。

こいつらをサーチする方法はいくつもあるので意外と揃います。

参考として左上の展開を紹介。

オヴィnsefベビケラサーチ、ドラDefベビケラ破壊でリトスサーチ、ベビケラefベビケラss、オヴィefベビケラ破壊ベビケラss、ベビケラefプチラノドンss、プチラノドンベビケラ破壊リトスssefEX3枚除外、プチラノドンef究極伝導ssベビケラefミセラss、ミセラオヴィでラギア。


では恒例の3行まとめ。
 
ベビケラプチラノ割って

ポコポコ並べて

相手を圧殺

本当にこんな感じ



☟を押すと恐竜強い、めちゃ強い。
 

マキシマム・クライシスが発売され真竜がよっこらしました。
そしてその真竜は召喚獣に変わる便利屋として十二獣と今日も共闘する...

今回は、十二真竜レシピ回ってきたけど子真竜ばっかじゃないか、真竜皇はおらんのか、ということで今回は十二真竜皇について語ります。

真竜 ロゴ
 
まず違いですが、あまりないと思っている人が多いらしいのですが、結構違います。

①Gの食らい方

真竜皇はGをくらうと動きが盛大に制限されてしまいますが、真竜はGに対して強く動けます。
真竜皇はゴキジェットを用意せよってことですね。

②エースの違い。

真竜皇のエースはVFD、真竜のエースはマスターPです。
VFDはどちらかというと制圧用、マスターPは盤面を取るといった感じです。
どちらも強いのですが、マスターPの方が硬いからなのか皆マスターPを取ります。

③決定打の有無

真竜皇はその展開力、制圧力が高く、相手のライフをごっそり持って行ったり、動きを封じこめるのが得意で、一方真竜は制圧力はあまり高くないかわりに、盤面の巻き返しが得意です。
ただその代わり真竜の方が少し安定性が高いです。

④次元障壁の食らい方

どちらも効かないと思っている人がたまにいますが、十二が入っている場合は普通に効きます。
真竜ではEXをほぼ触らないので良いのですが、真竜皇はVFDなどEXから出す機会が多いので地味に効きます。

真竜 ロゴ

十二真竜皇の動かし方を説明します。

まず基本となる動きが、真竜皇ef何かと真竜皇破壊、何かする、です。
これの補助のためにドラゴニックDなどがあるのですが、ドラゴニックDはなんでもできる奴なので手札に引き込みたいカードです。

真竜皇の行動は基本アド損になってしまうので、そのアドをこぼさないようにしていくことが大事です。

では真竜皇の螺子飛び動きの紹介です。

必要札 モルモ D F

モルモnsワイルドボウ、ブルホーンefヴァイパーサーチ、タイグリスssefモルモssライカssefデッキからモルモ、墓地からモルモ、蘇生したモルモとF破壊してDss、F効果で9真竜ss、真竜2体でVFDssef盤面水に変更、モルモ2体でバハシャ餅、ライカ重ねドランシア。

結果 VFD、ドランシア、バハシャ、餅、手札にヴァイパー。

wq無題
横暴である。

VFDの属性変換が味方にも作用するのを利用したこれ、なかなかの糞盤面を作ってくれる。


必要札 バオバブ ドラD DまたはF

ドラD発動efバオバブ破壊、DかFで持ってない方をサーチ、バオバブ2体ss、手札入れ替え、インヴォーカーssefモルモ、上と同じ動きをする。

結果 VFD、バハシャ、餅、ドランシア、インヴォ

後攻でこの動きをする場合召喚権を使ってないのでバハ効果前にヴァイパーnsして1200+1200+3300+2600+1600=9900が入る、殺せなくても餅がメイン2で出せる。

上2つだが、アリマドラDバオバブなどかなり決まりやすい、体感7割くらい。

1つ目の方だが工夫すればモルモはヴァイパーでも代用可能。

ヴァイパーnsワイルドボウ、ブルホーン、モルモサーチ、D効果Fとモルモ壊してss、Fef真竜皇リクル、VFDss、ブル重ねタイグリス、モルモss,重ねライカ、ドランシア、モルモリクルVFDef水バハ餅。

結果 ドランシア、VFD、バハ、餅

ヴァイパーが既に入っているので若干微妙。

真竜 ロゴ

  メイン41   EX15
F×3      VFD×2
D×3      ドランシア×1  
アリマムネ×3  ブルホーン×1
ダイナマイトK×2 ライカ×1
マジェスティM×2 タイグリス×1
モルモラット×3  ワイルドボウ×1
ヴァイパー×2  インヴォーカー×1
バオバブーン×3 ブレイクソード×1
増殖するG×3  バハシャ×1
灰流うらら×3  餅カエル×1
使徒×2    ペインゲイナー×1
継承×1    セブンシンズ×1
羽根×1    プラズニル×1
コズミック×2  ハートアース×1
ブラホ×1
会局×2
黙示録×2
復活×3

一応比較として十二真竜も張ります。
真竜 ロゴ

十二真竜が流行っている中十二真竜皇組んでみてはいかがでしょうか?
十二真竜皇は前のパックなどのためあつめるのは中々めんどくさいですが、組む価値はあると思います。
十二真竜を組んでいる方もパーツが余っていたら組んでみては?

拡散しときや。

⇩を押すと真竜皇のが強くなる。

遊戯王 ブログランキングへ   

真竜を元からあった記事に付け足すくらいでいいかな、って思ってたんですが、思ってたより新規が多く、更に簡易デッキがあまりにもお粗末で自分にイラついてたので真竜第2弾の記事です。

まずは新判明した真竜を紹介。

真竜騎将しんりゅうきしょうドライアスIII世さんせい
効果モンスター
地属性/ レベル6/ 幻竜族/ 攻2100/ 守2800
このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる。
①:アドバンス召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。デッキから「真竜」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカード以外のフィールドの「真竜」モンスターは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

子真竜です、ただこいつだけ他の3体とは違い、相手の行動に反応するのではなく、永続で放っております。
守備力は2800とかなり高めで、簡単には突破できません、更に他の真竜モンスターにマジェ耐性をくっ付けます。
アドバンスしたこいつが場を離れた方の効果も強いのですが、いかんせんこいつをアドバンスするのが少なかったです。

《真竜凰の使徒》
永続魔法カード
①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか発動できない。
①:自分の墓地の「真竜」カード3枚を対象として発動できる。そのカードをデッキに加えてシャッフルする。その後、自分はデッキから1枚ドローする。
②:自分メインフェイズに発動できる。「真竜」モンスタ−1体を表側表示でアドバンス召喚する。
③:このカードが魔法・罠ゾーンから墓地へ送られた場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

ばり強です、スプライトは継承よりこっちの方が強いとは思っています。
序盤では腐り気味ですが、中盤にかけての真竜回収効果が痒い所に手が届く効果です。

《真竜の黙示録》
永続罠カード
①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか発動できず、①②の効果は同一チェーン状では発動できない。
①:このカード以外の自分フィールドの「真竜」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、相手フィールドのすべての表側表示モンスターの攻撃力・守備力を半分にする。
②:相手メインフェイズに発動できる。「真竜」モンスター1体を表側表示でアドバンス召喚する。
③:このカードが魔法・罠ゾーンから墓地へ送られた場合、フィールドのモンスタ−1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。

ちょっと首を傾げる効果です。
攻守変化は永続なので何回もやられるとウザったるいのでしょうが、このカードの正しい使い道は自分の真竜を割れることだと思います、半減は食玩みたいなものです。

《真竜剣皇マスターP》
効果モンスター
レベル8/ 光属性/ 幻竜族/ ATK 2950/ DEF 2950
このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる。
①:このカードはアドバンス召喚のためにリリースしたカードと元々の種類(モンスター・魔法・罠)が同じカードの効果を受けない。
②:アドバンス召喚したこのカードが存在する場合、1ターンに1度、自分の墓地から永続魔法・永続罠カード1枚を除外し、このカード以外のフィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。

こんなん出して本当に大丈夫なのか?レベルの強カードです。
メタトロンさんはお株を奪われました、いや、向こうは向こうで強いんですがこっちが強すぎてどうも霞んで見えてしまいます。

⇩がメタトロンとマスターPの様子
無題 少年P

  すっかりマスターP君はグレちゃいました。

あ、それとちょこっと情報で、子真竜はセット状態の永続魔法・罠はリリースできます。

 それでは新規の紹介を終えたのでデッキ構築の紹介です。

メイン41        EX
アグニズトマV×2   真竜皇V.F.D×2
バハルストスF×3   エンタープラズニル×1
リトスアジムD×2    ペイン・ゲイナー×1 
マリアムネ×3     ザ・セブン・シンズ×1
ダイナマイトK×2    ドラギュラス×1
ドライアスⅢ世×2   ビヨンド・ザ・ホープ×1
増殖するG×3    ダイガスタ・エメラル×1
ガメシエル×2     ダイヤウルフ×1
マグマドラゴン×1   ジャイアントハンド
スターシップ×2    スターブヴェノム×1
惑星探査車×2     カーディナル×1
羽根箒×1       ドランシア×1
ドラゴニックD×3    メルカバ―×1
真竜の使徒×2     星刻×1
テラ・フォーミング×3
サイクロン×1
ブラック・ホール×1
次元障壁×3
真竜の復活×3

 
あれだけ持ち上げていたマスターPさんは安定しなかったので泣く泣く断念。
それとVとDが2枚の理由について説明します。

VとDが減った理由、それは属性管理と初動を考えた結果です。
VとDはお互いに墓地に何も無い状態で破壊すると、なにこれ?レベルに弱いからです。
Dが減った理由はそれですが、Vが減ったのにはデッキ内の炎属性が少ない、という理由からです。
Vを3投するとした場合炎属性は4枚、そこから2枚引くのは難しいと考え2枚に減らしました。
ただVは火力として優秀なのと、回収効果がリソースの確保に使え1では少ないです。

続いてよく入っているカードの採用、不採用理由、またあまり見かけないカードの採用理由を説明していきます。

ガメシエル
色の確保ができ、盤面を捲れるので採用しています、他の壊獣にして色確保してもよいですが打点突破のしやすいように注意してください。

マグマドラゴン
デッキから引っ張る真竜の枚数を節約&V.F.Dを出しやすくする+ランク4

エア・サーキュレーター
偶に起こる事故を直してくれる彼ですが、残念ながら不採用です。
理由としてマリガンをしなくてもいい場面がかなりあったのと、こいつより優先的に破壊したい奴がいて処理に困った、遅れてくると糞邪魔だったので。

惑星探査車
ドラゴニックDは張り得なので普通に使います。
幸い召喚権で競り合うデッキではないので重宝します。
ついでにランク4の素材にもなれます。

スターシップ 
緑の色確保と伏せの除去、ランク4と普通に使える。
ツイツイのコストで困ってた時こいつを家で発掘して、勅命を安全に返せるのが強く、今の環境では十二獣が出張しているためエクシーズは大体います。

強欲で貪欲な壷
手札が増えるのは強かったんですが強貪打ったら動けなくなる繊細な時があり抜けました。

次元障壁
真竜はエクストラを使わなくても高水準のステータスなので入れない理由がないです。 

十二獣
アレルギーな人が多い、この真竜には枠が無かった。
この真竜には(強調)

帝王の烈旋
アドバンスする奴がおらんかった。

それでは軽い回し方の解説。

真竜はこの手札でこれをこうして...といったものはありません。慣れです。
ですが回す時のコツとして、ドラゴニックD、F、アリマムネの効果は下準備となるのでその時にあった手札、場になるようにします。

例をあげますと、ドラゴニックDefアリマムネ破壊、このデッキで大抵の状況を何とかしてくれる動きですが、VかFがいる時はV2枚F1枚になるように、ドライアスがいる時はDを2枚サーチします。
そうすることで前者の場合はアリマ回収、盤面V、ドライアスor盤面V.F.D、マグマドラゴンのどちらかにできます。
これにドライアスが手札にあればVFD、ドライアスの盤面にできます。

一方後者の場合は相手のEX3枚除外、ドライアス、Dです。

他にも真竜の復活がある時と無い時でも違い、あれば多少強気になれます。

真竜は親の枚数がそのままリソースに直結するのですが、親を多くしすぎると属性が合わず手札で暴れます。ドラゴニックDが無い時の弱さを考えると親の枚数は要調節です。

ではざっくり解説

大型だして

リソースを確保し続け

圧殺する

最近の早漏デッキに比べがっしりしたテーマなのでスプライトは好きです。

カクサンデメキン配合しといたんで後はよろしくお願いします。


⇩を押すと真竜は環境に入れる。
 
遊戯王 ブログランキングへ   

タイトルでお分かりの通り真竜のご紹介。
さてさてまずデカいのを見てもらう前にデカい奴らの共通点から見ていきましょう。

共通①自身以外の自身と同じ属性を含むモンスターを2体を手札及び場から破壊してss、二体とも 同じ属性だったら~する。
共通②自身が効果でぶっ壊されると~する
共通③上記の①②はどちらもターン1

解りやすくするため👇に図を置きます。
無題 真竜皇解説
図の説明をすると、左の四角で囲まれている方は炎属性がいるので炎の親真竜は出すことができ、右の四角では炎属性がいないので出せません。
場に出た炎の親真竜は炎属性を1体しか破壊していないので共通①の追加効果を使えません、また、破壊される水の親真竜は効果で破壊されるため共通②の効果を発動出来ます。
別にここで水の親真竜を、右にいる風と土の親真竜のどちらかに変えても問題はありません。

では続いてデカいのこと親真竜の共通①と共通②の説明。
無題 真竜皇

隣にあるモン〇ンのやつら、異常に似てないですか?
似てないですかそうですか......
話題がそれたので修正します。
炎は共通①が強め、共通②が微妙
水は共通①が微妙、共通②が最強
土は共通①が強め、共通②が結構
風は共通①が微妙、共通②が強い

ランク分けするとこんな感じです。
共通①
土≧炎>水≧風
共通②
水>風>土>炎

一つ不思議に思うことがありまして、炎土水の3体は真竜『皇』なんですが風だけ真竜『凰』なんですよね、不思議だな~...え、どうでもいいって?サーセン。

続きまして、光と闇の真竜の紹介です。
無題 イビル王が

こいつらはなんかめんどくさいこと書いてありますが、頑張って理解してください、スプライトはまだ理解していません(・∀・)

続いてちっこい奴らの紹介です。
ちっこい奴らこと子真竜も共通効果があります。
共通①アドバイス召喚する時永続魔法,永続罠をリリースに使える。
共通②アドバンス召喚した自分がいる時に相手が効果を発動すると~。

では子真竜の共通②の説明。
無題 子真竜

集会所の最大人数と同じく4体と思われます。
地の子真竜がまだ未判明なのですが、おそらく6だと思われます。
きっとこの子真竜達、剝ぎ取ったのを加工してますね、なのに幻竜、なんでや!
とりあえず風の子真竜、かわええ(●´ω`●)

ではそろそろ皆さん永続魔法や永続罠押しすぎやろ、と思っていると思うので魔法罠の紹介の時間です。
無題 まだない

上の3つは全て強いです、特にフィールド魔法が。
手札の親真竜破壊→親効果&サーチの流れるような動きは綺麗です。

結局真竜とはどのようなテーマなのか、3行でまとめると。

親が大きく暴れまわり
子供が色々サポートして
抑圧しながらビートダウンする
ホトトギス

残念、4行になってしまいました、このネタわかる人いるのかな?

最後に、組むとしたらどのようなデッキ構成にするのかだけ考えて終わりにします。
親は全員3枚ずつ、子供は2~3枚でばらけさせ、光の奴は1でいいとして、罠2枚、魔法は各種3として、他にも永続魔法,永続罠を入れたいですね。
というわけで3分と40秒くらいで考えたデッキレシピがこれ。

メイン40
親各種×3 水と炎の子供×3 風の子供×2 光の真竜×1 真竜永続罠×2 真竜永続魔法×3 真竜フィールド魔法×3 マグマ・ドラゴン×2 タツノオトシヤ×1 ツガイ×1 テラフォ×3 貪壺 箒 ツイツイ×2 
妨げ×3 ガダーラ×1 ドゴラン×1 サンキン×1 クモグス×1 安全地帯 宣告 警告 虚無
EXには7シンクロ、コーラル、5,6,9のエクシーズ


今回は図を沢山使ったせいか凄く長く記事を書いてる気がしました。
⇩を押すと真竜が環境に上る 
 
遊戯王 ブログランキングへ   
 

↑このページのトップヘ