暇人のゆったりカードブログ

基本遊戯王のことについてだらだらと書きます。

ノーレア
それは遊戯王OCGでは当てるのが難しいとされるレアリティ...
今回はそのノーレアでのみ構成されたテーマの紹介。

無題 集合
 
それでは各カードの紹介です。

無題 白雪
 
 星 4 / 光 / 魔法使い族 / 攻1850 / 守1000 

①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカード7枚を除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。 

最近ブイブイ言ってるかわいこちゃんです。
攻撃力1850という高い攻撃力、さらに場に出た時に相手を月の書ができるパワーカードです。
また、カード7枚除外で蘇生できるのでめちゃんこ便利です。
シラユキns月書、ランク4、シラユキ剥いでef,シラユキefss月書の流れはゲロつよ。 

無題 ターエリア

  星 4 / 光 / 魔法使い族 / 攻1850 / 守1000 

「妖精伝姫-ターリア」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリバースした場合に発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。
②:相手が通常魔法・通常罠カードを発動した時、このカード以外の自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
その効果は「相手フィールドの表側表示のモンスター1体を選んで裏側守備表示にする」となる。 

②の効果で自分リリースできればワンチャンあったかもしれない奴。
弱くないが強くない、微妙な立ち位置。

無題 シンデレラ

 星 4 / 光 / 魔法使い族 / 攻1850 / 守1000 

➀このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにこのカード以外のフィールドのモンスターを魔法カードの効果の対象にならない。
➁1ターンに1度、手札から魔法カードを捨てて発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から装備魔法カード1枚を選んでこのカードに装備する。
この効果で装備された装備魔法カードはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。 

全然使えるけどあまり見ない子。
魔法対象に取れないというのは、月書や聖杯から他のモンスターを守るもよし、マスクHEROを機能停止させるもよしです。
②効果は魔法切って装備魔法を装備、妖刀竹光、月鏡の盾、ワンダーワンドなどがよさげ。

無題 カグヤ

 ①このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから攻撃力1850の魔法使い族モンスター1体を手札に加える。
②1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
相手はそのモンスターの同名カード1枚を自身のデッキ・エクストラデッキから墓地へ送ってこの効果を無効にできる。
墓地へ送らなかった場合、このカードと対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 シラユキといい勝負するくらい強いと思っています。
なんとこやつ、妖精伝姫全員サーチできるんですね、あとついでと言わんばかりに憑依装着も。
なにがやばいってそりゃ、自分をサーチできることです、自分をサーチできるカードは大抵強いんで。
 ②効果ですが、ユニコーンに似た能力です、まぁ全然圧力は低いですが。
相手がピンで採用しているカードは確定で戻せたり、EXのカードは基本戻せます。
壊獣を送って戻してあげましょう、めっちゃ嫌な顔されます。

壊獣ssカグヤnsefカグヤサーチ、カグヤef壊獣とカグヤ戻す、壊獣ssPスケール揃えてカグヤ2体。
ダルダル、された側はやる気を思いっきり削がれます(ゲス顔)
壊獣は採用率の低い奴にすればより安定します、ガダーラとか。

」無題 集合 サンプル

メイン41     EX15
シラユキ×3   セラフィ×2
シンデレラ×3  ランク4組×13
カグヤ×3
沈黙おばさん×3
ガダーラ×2
増G×3
うらら×2
ジェムガネット×2
トリクラ×1
妖刀竹光×3
黄金竹光×3
折れ竹光×1
ブリリアント×3
副葬×2
ハーピィ×1
ブラホ×1
蘇生×1
サイレント・バーニング×1
警告×1
宣告×1
虚無空間×1
 
エクストラが雑だって?
セラフィとホープセット、ライトニングとかしか入らんし適当でええんよ、適当で。

沈黙おばさんは、このデッキの妨害兼火力です。
魔法止めれるし妖精伝姫は手札増えるしで好相性、ssしやすいのもまた良し。

ちなみに言っておきますとこのデッキ、高いのは注意しておいてください。
フリーだったらとても強く、大会でも運が絡めば結構勝てると思います。 

3行解説に行きましょう。

ドローして。

ポンポン並べて。

あざっしたー。

あれ、字面だけみるとめっちゃ強そう...

あとは頼んだぞ!


⇩を押すと妖精伝姫はまだまだ続く。
 
遊戯王 ブログランキングへ   

マキシマム・クライシスが発売され真竜がよっこらしました。
そしてその真竜は召喚獣に変わる便利屋として十二獣と今日も共闘する...

今回は、十二真竜レシピ回ってきたけど子真竜ばっかじゃないか、真竜皇はおらんのか、ということで今回は十二真竜皇について語ります。

真竜 ロゴ
 
まず違いですが、あまりないと思っている人が多いらしいのですが、結構違います。

①Gの食らい方

真竜皇はGをくらうと動きが盛大に制限されてしまいますが、真竜はGに対して強く動けます。
真竜皇はゴキジェットを用意せよってことですね。

②エースの違い。

真竜皇のエースはVFD、真竜のエースはマスターPです。
VFDはどちらかというと制圧用、マスターPは盤面を取るといった感じです。
どちらも強いのですが、マスターPの方が硬いからなのか皆マスターPを取ります。

③決定打の有無

真竜皇はその展開力、制圧力が高く、相手のライフをごっそり持って行ったり、動きを封じこめるのが得意で、一方真竜は制圧力はあまり高くないかわりに、盤面の巻き返しが得意です。
ただその代わり真竜の方が少し安定性が高いです。

④次元障壁の食らい方

どちらも効かないと思っている人がたまにいますが、十二が入っている場合は普通に効きます。
真竜ではEXをほぼ触らないので良いのですが、真竜皇はVFDなどEXから出す機会が多いので地味に効きます。

真竜 ロゴ

十二真竜皇の動かし方を説明します。

まず基本となる動きが、真竜皇ef何かと真竜皇破壊、何かする、です。
これの補助のためにドラゴニックDなどがあるのですが、ドラゴニックDはなんでもできる奴なので手札に引き込みたいカードです。

真竜皇の行動は基本アド損になってしまうので、そのアドをこぼさないようにしていくことが大事です。

では真竜皇の螺子飛び動きの紹介です。

必要札 モルモ D F

モルモnsワイルドボウ、ブルホーンefヴァイパーサーチ、タイグリスssefモルモssライカssefデッキからモルモ、墓地からモルモ、蘇生したモルモとF破壊してDss、F効果で9真竜ss、真竜2体でVFDssef盤面水に変更、モルモ2体でバハシャ餅、ライカ重ねドランシア。

結果 VFD、ドランシア、バハシャ、餅、手札にヴァイパー。

wq無題
横暴である。

VFDの属性変換が味方にも作用するのを利用したこれ、なかなかの糞盤面を作ってくれる。


必要札 バオバブ ドラD DまたはF

ドラD発動efバオバブ破壊、DかFで持ってない方をサーチ、バオバブ2体ss、手札入れ替え、インヴォーカーssefモルモ、上と同じ動きをする。

結果 VFD、バハシャ、餅、ドランシア、インヴォ

後攻でこの動きをする場合召喚権を使ってないのでバハ効果前にヴァイパーnsして1200+1200+3300+2600+1600=9900が入る、殺せなくても餅がメイン2で出せる。

上2つだが、アリマドラDバオバブなどかなり決まりやすい、体感7割くらい。

1つ目の方だが工夫すればモルモはヴァイパーでも代用可能。

ヴァイパーnsワイルドボウ、ブルホーン、モルモサーチ、D効果Fとモルモ壊してss、Fef真竜皇リクル、VFDss、ブル重ねタイグリス、モルモss,重ねライカ、ドランシア、モルモリクルVFDef水バハ餅。

結果 ドランシア、VFD、バハ、餅

ヴァイパーが既に入っているので若干微妙。

真竜 ロゴ

  メイン41   EX15
F×3      VFD×2
D×3      ドランシア×1  
アリマムネ×3  ブルホーン×1
ダイナマイトK×2 ライカ×1
マジェスティM×2 タイグリス×1
モルモラット×3  ワイルドボウ×1
ヴァイパー×2  インヴォーカー×1
バオバブーン×3 ブレイクソード×1
増殖するG×3  バハシャ×1
灰流うらら×3  餅カエル×1
使徒×2    ペインゲイナー×1
継承×1    セブンシンズ×1
羽根×1    プラズニル×1
コズミック×2  ハートアース×1
ブラホ×1
会局×2
黙示録×2
復活×3

一応比較として十二真竜も張ります。
真竜 ロゴ

十二真竜が流行っている中十二真竜皇組んでみてはいかがでしょうか?
十二真竜皇は前のパックなどのためあつめるのは中々めんどくさいですが、組む価値はあると思います。
十二真竜を組んでいる方もパーツが余っていたら組んでみては?

拡散しときや。

⇩を押すと真竜皇のが強くなる。

遊戯王 ブログランキングへ   

速報です、またアホみたいな手札誘発がでました。
犯人の名前はKONAMIといい、こんなはずじゃなかった...と言っておるそうです。

というわけで今日発売のマキシマム・クライシスに収録される《灰流うらら》について考えていきたいと思います。
うららへっど無題


無題 うらら

 《灰流うらら》(はるうらら)
効果・チューナー
レベル3/ 炎属性/ アンデッド族/  攻 0/ 守 1800
「灰流うらら」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる。
●デッキからカードを手札に加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地へ送る効果

環境を潰すかのような無効範囲であります隊長。
破壊しないで無効だけなのはうさぎと比べてしまいますね...
墓地に送りではなく捨てて発動なのはダメだと思う。

では1つずつ解説していきましょう。

デッキからカードを手札に加える効果とは?
テラフォ、暴走魔道などのサーチ、成金、レースのようなドローもカードを手札に加えるに該当します。

デッキからモンスタ―を特殊召喚する効果とは?
会局、モルモラット、推理、モンゲ、狂宴、バハルストスなどです。
 
デッキからカードを墓地に送る効果とは?
ベアト、おろまい、副葬、芝刈りなどです、なおダンテなどのコストで肥やす奴らは止められません。

まぁつまりこのカードの言いたいことは「デッキに触るんじゃねぇ」ということです。漫画版ライオウをイメージしてください

うららへっど無題

言ってしまえば遊戯王の環境デッキ=デッキに触ると思っていただいて大丈夫だと思います。
つまりぶっささりです、ノンケだろうがなんだろうがぶっさします。
ただチマチマデッキ触る奴らにはあまり効かないんですよねぇ。

まず最近エンジョイ気味の十二獣に対してですが、ブルホーン、会局、モルモラットをストップかけれます。
ただ脳死で投げても効果が薄いので混じりじゃない限りうさぎの方がよさげですね。

続いて召喚獣ですが、刺さります、恨みでもあるかのようにぶっささります。
具体的にいえばアレイスターへのアクセス手段が断たれ、魔術へのアクセスも途絶えます。
魔術とアレイスター握ってたら話は別ですがね。

新しく来る真竜ですが、ほぼ気にしないです、ドラゴニックDも名称1ではないので。

今度は魔術師なのですが、Pテーマがサーチ出来なくなるって大打撃ですね、実際ペンデュラムコールとかそこら辺を止めて上げれば相手は怒り心頭でしょう。

最後にインフェルノイドなのですが...めっちゃ被害うけてます、死亡宣告出されてます。

「名推理で、レベルは?」
「うららで」
「芝刈り、デッキ何枚ですか?」
「うららで」
「狂宴で、チェーンは?」
「うららで」
「こうなったら左腕切り落としてやるぜぇぇぇ!」
「あ、うららで、どうぞ切り落としてください」

ノイド使いは泣いてもいいんだよ?
 

うららへっど無題

チラッと見た時、「あれ、これG止められんじゃん、ぶっ壊れかよ」そう思っていました。

答えは、止められる、です。
KONAMIの回答をご覧ください。

Question
相手が手札の「増殖するG」を墓地へ送り、『①:このカードを手札から墓地へ送って発動できる。このターン、以下の効果を適用する。●相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキから1枚ドローしなければならない』モンスター効果を発動しました。
この時、自分は、手札の「灰流うらら」を捨てて、『①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる』効果を発動する事はできますか?

Answer
相手が手札の「増殖するG」を墓地へ送って、そのモンスター効果を発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動する事はできます。
その場合、相手の「増殖するG」のモンスター効果は無効になりますので、このターンに自分がモンスターの特殊召喚に成功しても、『●相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキから1枚ドローしなければならない』効果は適用されません。

つまりうららは先行で握ってたら超強いということですね。
これからは灰流うららではなくゴキジェットうららと呼びましょう。
無題 ごきじぇ


うららへっど無題

まとめに入りましょう。
灰流うららなのですが、ノイドに勝ちたいのなら必須ですが、メインに3投するかといいますと首をかしげます。
理由は増Gという圧倒的強者が存在するからです。

灰流うららは相手の動きに制限を掛けるカードであり、アドバンテージを稼げるカードでは一切ありません。
一方増Gはアドバンテージを稼ぐので、された側の気分はだいぶ違います。
増Gは動けば動くほど巻き返される確率が高くなり、うららは1発止めて終了です。
実際、十二獣にうらら効く?となるとうさぎのが痛いと返ってくると思います。

偉い人は言いました、ヴェーラーはアド損だと。
エロイ人は言いました、うららもきっと、と。

さくらと同じくどんどん下がっていく予想を立てておきます
せいぜいがノイドをメタるためにサイドに突っ込む程度かもしれません。

よってスプライトの中での手札誘発の強さは
増G>うさぎ≧うらら>さくら>それ以外

ですね。

あれだけ褒めちぎっといてまとめでひっくり返すというね...

⇩を拡散希望

↓を押すとあなたのお金と引き換えにうららが現れる筈
 
遊戯王 ブログランキングへ   

 
不等号が逆だったというのを指摘いただきました、ありがとうございます。

↑このページのトップヘ